2012/10/04

早期退職


えらい数の早期退職者の発表があり、
僕は転職する前に逃げ損なってしまった。
師匠や雑用係の仕事を引継ぐことになって、仕事増えてるじゃん。。
来年の4月の労働ビザ解禁のタイミングを見計らって
レジュメとカバーレターを送っているさなかだった。

まぁ、もう泥舟にセメント流し込まれて、足は固定されて
ワラ人形と一緒に沈んで行く気分。
それでも設計を続けるというのだ。
昔、日本が戦争を適当に切り上げずに
とことん負けるまでやめなかった理由が、よくわかる。

残ったエンジニアは、あらゆる失敗のパターンを見ることができるだろう。
物覚えの悪い僕にとっては、景気のいい会社で調子よくしているよりは
この経験を骨身に刻むことが、未来につながる大切なことだ。

それに、本当に設計を続けるなら
技術的にもいろいろなスキルがつくチャンスで
次の半年だけでも、業務経歴書は、かなり賑やかになだろう。



0 コメント: