2012/11/23

LとR

いい年して、今年は英語をがんばっている。

発音で難しいのが、相変わらずLとRなんです。
聞き分けるのはまだ無理。
発音するほうは、Lは舌の先を上の前歯の裏に、Rは舌を巻いてと
よく言われることを気をつけはじめたら、効果てきめん。

不思議なのは、舌の動きの違いは気をつけているのに
自分で発音している音の違いがわからない。
でも、ネイティブはLの音、Rの音をちゃんと聞き分けていて
うっかり油断してLとRの舌の動きを間違えて発音すると、「それはLでしょ」といってくる。

一緒に聞こえるんだけどなぁ。
「I'm lady」とだけは、いわないように気をつけてる・・・




2 コメント:

デュエット さんのコメント...

大学院をアメリカでやってきた人が
「RとLを頭の中で意識するだけで、自分はわからないくせに、アメリカ人には通じる」
と言っていました。

Shin さんのコメント...

デュエットさん

実際には違うのを
体では感じてはいるのでしょうけれど
はっきり認識できない脳みそのマジックなのでしょう。

面白いですねぇ。