2012/12/30

今年の振り返り

今年の目標は、転職と人間関係でした。


転職は、結局タイミングを逸してしまったけれど
来年へ引き続き頑張りますということで、お正月も履歴書を書きます。

人間関係はどうでしょう?
人と会うとき・話せるチャンスは
自分から増やすようにしたけれど、まだまだ足りない。けど、頑張った。


さて、今年の振り返って印象に残る出来事。

・恋愛は結局何もなかった
押したり、引いたりしてみたけれど、お付き合いにはいたりませんでした。

・仕事を覚えてきた
 チームで仕事をする戦術を覚えてきた。毎週開催する議事、進行をつとめてきたのが、成長の糧だったと思う。今から思えば、回りに育てていただいた。感謝。あとは、設計のお師匠の退職。

・年をとるのも悪くないと思った
ゆっくりでも自分の思うほうに進めば、年を重ねるのは正にその過程と成果だから、楽しい。
身のまわりに大きな不幸がなかったこともひとつだと思います。








2012/12/23

サンタクロース

この冬は、カルカッタ行ってみようかとも思ったけど
サーフィンと英語の練習・転職活動ですごそうと思います。

クリスマスのお一人様もなれたものだけれど
あせらないのは、なぜだろう。


さて、ココまできたら小学生は読んでいないでしょう。

クリスマスで思い出すのは
小学生のころ、どうしてもサンタに会いたくて、布団で頑張っていたら
母が枕元にきてくれて、二人で大笑いしました。
サンタさんは、変装が上手なんだよぉ。




2012/12/09

炊飯器がありましたね

きょうは、大学の友達とごみひろいのイベントに参加した。
冬らしい気持ちよく晴れた日、わいわいごみ拾いもいいものです。

さて、そんなごみを拾いながら友人に
「Shinさん、下宿に炊飯器がありましたね」といわれた。

築三十年木造二階部四畳半のぼくの部屋は
みなみ向きではあったけれども
床傾き、風呂なし、ガスなしで、ひとつ蛇口と流しがあるだけだった。

部屋には、本棚とふとんと、服をいれる箱があって
それと人からもらった、おもちゃのような炊飯器でご飯だけは炊いていた。

その友人が遊びに来たとき
何にもない部屋に、びっくりしたらしいが、
炊飯器があったことを覚えていたらしい。

しかし、そんな何もない部屋にともだちをあげて
僕はなにをしようとしていたのだろう?






2012/12/07

留学シーズン

どうも大学の友達も三十路にさしかかり
留学している人が10人に1人くらい。
留学は興味ないけれども、ミーもフォーリンで働いてみたいな。

2012/12/04

人がうたっていない音楽

大学の友達と飲みました。
仕事のぐちから始まって
音楽の話になった。

「○○くん、人のうたっていない音楽聴いていそう」とズバリ言われた。
そうなんだよな。。

2012/12/03

Facebook

なんだか、しんどそうで、めんどくさそうだけど

この3ヶ月に3回も同窓会に行くと
「Facebookをはじめるように」と言われた。

あんまり好みを人に知られるのも嫌で
匿名のブログでも書いているほうが
よっぽど僕らしいけれど。

Facebookは人生の記録帳みたいな使い方を期待しているのかな?
人間関係も気を使うことが増えそうだから、はじめはちょろちょろ。







断られているのか?

みっちゃんが、高尾山に行きたいといっていたのを思い出して
紅葉もきれいだし、見に行こうよと水曜に誘ったんだけど。

「準備もあるし、急だから」とやんわり言われて、あきらめた。
断られてるのか、
本当に高尾山にいくのにも一週間以上の準備が必要と思っているか
ちょっと区別がつかないけれど、
まぁ、はっきり嫌がられないうちは、誘ってみよう。

というわけで、急遽さえない男子2人で飲んでいたのでした。